くれぐれも、徒然に。

色々な障害を抱えています。幼い頃からの苦しい出来事からはじまり、もう良い歳ですが時が止まっている男の徒然日記です。

雨にぬれても。

心に雨が降るみたいに 悲しい時、寂しい時。

土砂降りの中でぽつんと立っているような気分。涙もその雨に打たれて、自分が泣いているのかも分からなくなってしまうような苦しみ。

生きていて誰でも何度か訪れるものです。

僕も何度潰れた事か… とても情けないほどでした。 今もきっとあまり変わらないのでしょうけど。

でも、そんな土砂降りの後は 必ず晴れるものだと僕は思います。

台風の後。澄み切った青空が広がるみたいに。

散々な人生の中にも幸せな時間は必ずあるものです。雨の後に太陽が顔を出す必然のように。

だから、塞ぎこんで哀しみに暮れる時は

「こんな雨なんかで僕は塞ぎこまないよ。太陽は何してんだかね…」

と、ちょっとため息をついて気楽にぼやく事。

そんな心の雨宿りも 悪くはないもんです。

土砂降りの雨音も 心地よく感じれるものですから。

もうすぐ梅雨。 もう梅雨入りをした所もあるでしょう。 皆さんが体調を崩さず穏やかに過ごせますように。

Raindrops Keep Falling on My Head(雨にぬれても) - B.J.Thomas - 訳詞付き - YouTube

広告を非表示にする